ホーム > エリア情報 > 皮脂が多いからニキビができるというものではない

皮脂が多いからニキビができるというものではない

一般的に、ニキビが出来る原因は、多すぎる皮脂が毛穴につまって炎症を起こすからだといわれています。

しかしニキビができる過程はとても複雑なので、皮脂が多いからニキビができるというものではないということもできます。

確かに、思春期のニキビなどは、ホルモンバランスの不安定によって過剰に出てしまった皮脂が原因となっていることが多いようですが、それだって、ただ皮脂が多いだけでニキビになるというわけではありません。http://parurena.biz/

皮脂が多く分泌されていても、それがスムーズに毛穴の外に出ていれば、ニキビができることはないのです。

問題は、分泌された皮脂が、毛穴の出口で詰まってしまうこと、いわば便秘状態になることにあります。

肌のターンオーバーが乱れていたりして、古い角質が肌表面に残っていたり、メイクがきちんと洗い落とせていなかったりすると、それらと余分な皮脂はいっしょくたになって固まってしまい、毛穴から外に出られなくなってしまいます。

そこに空気が触れて酸化がすすむと、毛穴のつまりは黒ずんできて、さらに刺激が加わったりすると、炎症を起こして赤いニキビに発展してしまうのが、ニキビの発生の過程なのです。

したがって、ニキビの対策や改善には、単純に皮脂の分泌を抑えるだけではだめで、毛穴に皮脂がつまらないような肌状況を作る必要があるのです。

 


関連記事

  1. 皮脂が多いからニキビができるというものではない

    一般的に、ニキビが出来る原因は、多すぎる皮脂が毛穴につまって炎症を起こすからだと...

  2. シャンプーによる髪の正しい洗い方

    シャンプーを用いた髪の正しい洗い方はどんな方法でしょう。 先ず自分の髪に合ったシ...

  3. 夏の暑さと多汗症の辛さ

    多汗症の僕には辛さが割り増しでかかってくる。日本の各地で30度を記録していき、僕...

  4. プロに任せたいフラッシュモブプロポーズ

    東京でのフラッシュモブプロポーズと言うのを見て、 プロに任せるとこんな凄い事が出...

  5. テスト

    テスト記事です。...