なぜ肌が乾燥するのでしょうか

肌が乾燥してしまうと痒みを感じたり、赤みがでてきてしまったり嫌なトラブルに見舞われてしまいますよね。

でもどうしてそんな症状を引き起こすほど肌が乾燥してしまうのか気になったりしませんか?

そこで今回はなぜ肌が乾燥するのか調べてみました。

肌が乾燥する原因としてあげられるのが肌の角質層から水分が抜けてしまい、肌の保湿が足りていない状態になってしまっていることです。

肌は肌表面である皮脂膜の下に水分などを溜めておく角質層というものがあります。

この角質層が水分を溜めておくことができず、肌から水分が蒸発して抜けてしまうことで肌が乾燥してしまうのです。

そのため肌の角質層の働きを元に戻すことで肌は十分は水分を保つことができるようになり、肌の乾燥を防ぐことができるようになります。

肌が乾燥する原因は角質層から水分が抜けることにあるので、抜けてしまった分の水分を毎日のスキンケアで補ってあげることが大切です。

肌の乾燥が気になっている方は化粧水や美容液でしっかりと肌を保湿し、角質層が水分を溜めておけるようケアをしてみてください。